浮気する男【献身的な女性が好き】コントロールする方法

心理

浮気する男の心理は間違いではないが事前に防ぐ

「浮気する男」は女性から見たら天敵以外の何者でもありません。 しかし、なぜ男は目移りしてしまうのかを心理的な面から見たら、どうしたら浮気を防げるかもわかってきます。 本来、人間は子孫を残す生殖本能が備わっています。
今でこそ、昔よりも平均寿命も高くなり、国によっては人口増加に困る場合もありますが、昔の人類は子孫を残すのは人生の大部分を本当に占めていました。 男が魅力のある女性やより子孫を運でくれそうな女性に惹かれてしまう心理は、決して絶対に間違いではないのです。

浮気する男の心理を理解して早めに予防

また、目移りする心理として、変化のない毎日に心が疲れてしまいます。 結果、それによっていつもとは違う刺激のある世界を求めてしまう場合もあります。 そしてパートナーと付き合い始める際に、「浮気をしたら離婚」とかもあります。 「絶対に許せない」とでも言っておけば、こういった不倫を防ぐことが上手にできるかもしれません。 けれど、それは相手を我慢させるだけで根本的な解決にはなりません。 我慢する時間が長い分、一度爆発したらそのまま暴走してしまう可能性もあります。 ここでは彼氏に我慢させることなく、他の女性と出会いたいと思わせないことが気持ち的にもかなり大切なのです。

見分け方 離婚

刺激されることで動物的本能から湧く心理

ならば、どうすれば自分のパートナーが浮気をする男にならないのかは大切です。 ここでは自分がいかに異性の心理を捉え魅力的な女性でいられるかが重要なポイントになっていきます。 いつもとは違う刺激が欲しいという理由で目移りする場合、所謂倦怠期のような状態であることが多いです。 長く付き合っていて、お互いに飾ることのない関係でいられるのは重要な事です。
けれど、それだけでは相手にどうしてもすぐに飽きられてしまいます。

心理戦で負けないために証拠を押さえる必要性

それを防止するには、常に自分がパートナーにとって、結局は相手が性的な部分を含めて魅力を持ち続けることです。 例えば、普段使わない香水や化粧水などの香りがするだけで、男の心理の感覚が刺激を受けることがあります。 男にはやはり動物的本能があります。 このように香りで本能を刺激することによって、実際にパートナーに新しい心理として感情を抱かせることが可能です。

血液型 特徴

男の心理を理解して満たしてあげることが愛情

また、浮気の原因にストレス発散をあげる男もいます。 ストレス社会といわれている現代の日本にとっては、ストレスの捌け口の確保は大事なことです。 それを家庭の外ではなく、家庭内がストレスを和らげる癒やしの空間であることが必要です。

浮気する心理は本人にもわからない事もあります

仕事をして疲れて状態で掃除もしていない家に帰ってきて、食事の支度もされていなければストレスが倍増するのは当たり前です。 旦那が疲れて帰ってきた時に、家がきちんと清潔であるか、もしくは家できちんと心の休まる食事の時間がとれる空間になっているかは大切なポイントです。 疲労している彼に対して、自分の愚痴だとか悪口だとかを言っていたら、心も休まる時間がありません。 浮気する男は心理として「愛情」を求めている場合もあります。 自分のパートナーから満足のいく愛情が与えられないと、別の対象に愛情を求めてしまうのです。 結婚をしているから、もう付き合いが長いからというような陳腐な理由でパートナーに対する愛情が薄れている場合は、要注意です。
自分の愛情が薄れているということは、相手も同じように思っているかもしれないのです。 男は意外に強がりで寂しがり屋ですが、ここで愛情が薄ければ、寂しがって別の愛情をくれる相手に流れていってしまうのは自然なことです。 パートナーが何を欲しているのかの心理をうまく理解することで、男が浮気をすることを意味を持って未然に防ぐことができるのです。 もちろん、根っからの女好きだとか性欲が旺盛だとかの個人差はありますが、そういったタイプは甘えの心理が強い可能性があります。 男の心理を満たしつつも、甘やかしてばかりではなく、きちんと厳しくするなどのメリハリは必要です。 このように、常に相手の意識に刺激を与え続けることによって、適度な緊張感を持ちお互いに新鮮な気持ちを持ち続けることができます。

浮気する男の特徴